道後ベテルホーム

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

  入館禁止のお知らせ  >>詳細はこちら

  面会制限のお願い   >>詳細はこちら

【短期入所療養介護・通所介護サービス利用者さま・ご面会・出入業者の皆さま】

  上記内容について新型コロナウイルス感染拡大が生じた場合は、協議のうえで改訂される場合があります。

 

道後ベテルホームについて

道後ベテルホームは、家庭での生活・介護面での問題について、医師・看護師・介護職員・リハビリ職員・管理栄養士・支援相談員・介護支援専門員が一緒に考えてまいります。

また、必要に応じて往診や訪問看護やホームヘルプなどの保健・医療・福祉サービスの紹介、利用の手続きをいたします。

ご利用のみなさまが、地域の中で安心して毎日が送れるように全力でお手伝いいたします。

>>基本理念・方針はこちら

>>施設長挨拶はこちら

>>施設概要と設備等についてはこちら

 

介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設は、医療施設と福祉施設との中間的役割を担う施設で、「地域の介護が必要な高齢者を支援していく施設」 として位置づけられています。
入院治療の必要のない要介護高齢者、病状が安定し、治療や入院の必要はないが、リハビリテーションを含む看護や介護などが必要な方に対し、医学的管理のもとで看護・介護・リハビリテーションなど及び日常生活の為のサービスを提供しています。

利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上を目指します。利用者を総合的に援助し、家族や地域の人々・機関と協力し、自立した在宅生活が続けられるよう支援する施設です。

基本的には、要介護認定を受けられた後にご利用できますが、要支援でも利用できる場合があります。

>>施設を利用できる方についてはこちら

 

介護老人保健施設の理念・5つの役割と機能

  1. 包括的なケアサービス施設
    利用者の自立した生活を営むことを支援し、家庭復帰をめざします。また、施設は「心のこもった寄り添う看護・介護」 をモットーに、明るい家庭的な雰囲気を持ち、地域や家族との結びつきをめざします。
  2. リハビリテーション施設
    体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、医療専門家による集中的な維持期リハビリテーションを行います。
  3. 在宅復帰施設
    個々の状態に応じて、医療・看護・介護・リハビリなどの他職種の医療専門家からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。
  4. 在宅生活支援施設
    自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、協力病院や関連サービス機関と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。
  5. 地域に根ざした施設
    家族や地域住民と交流して情報交換を行い、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。また、評価・情報公開を行い、サービスの向上に努めます。

 

ご利用にあたって

入所・ショートステイ

道後ベテルホームの医療サポートや福祉サポートは、協力病院である松山ベテル病院としっかりと連携されており、「優しく」て「安全」で「安心」できる施設作りを心がけ、「心のこもった寄り添う看護・介護」が行われています。

>>入所・ショートステイについてはこちら 

リハビリテーション

医師・看護師・リハビリスタッフ・介護福祉士・管理栄養士・社会福祉士・介護支援専門員がご本人の意向を尊重しながら、心身機能の評価を行いチームで個々のリハビリプログラムを作成します。

>>リハビリテーションについてはこちら

デイケア

介護保険で「要支援」または「要介護1以上」の方で、自宅や自宅に代わる施設にて療養されている方が日帰りでご利用できます。

>>デイケアについてはこちら

デイケア予定表

デイケアの月間予定表をお知らせします。

>>デイケア予定表詳細についてはこちら

活動と取り組み

 

道後ベテルホーム201907

道後ベテルホームだより

当施設では、年に数回『道後ベテルホーム』を刊行しています。バックナンバーをご覧いただけます。

>>ベテルホームだより一覧はこちら

アガパンサス-ベテルの日記-

病院での出来事や日々の所感についてのスタッフブログです。

>>ブログ一覧はこちら