本文へジャンプ
ようこそ、道後ベテルホームのホームページへ
施設長のごあいさつ
益田紀志雄施設長
道後ベテルホーム 施設長
益 田 紀志雄 医師

老人保健施設道後ベテルホームは、介護を必要とする高齢者が、入院治療から在宅療養に移行する際に、医療ケアと生活サービスを一体的に提供できる中間通過施設として、また在宅療養中の高齢者が、何らかの事情によって自宅での介護が困難になった場合の長期・短期の入所施設として設立されました。

家庭的雰囲気を保ちながら、生きがいをもって療養生活を送ることができるように、地域との結びつきを考慮しつつ、家庭への復帰を目指しながら、生活機能訓練を通じて自立を支援します。

さらに在宅療養中の介護を必要とする高齢者の社会的孤立や閉じこもりを防止し、心身機能の回復と日常生活動作の維持を図るために、通所リハビリテーション(デイケア)を実施しています。

以上のように、道後ベテルホームでは、ご利用者さまを中心に考え、「心のこもった寄り添う看護・介護」ができるよう、職員・ご家族・多くのボランティアが連携して『安全・安心・満足』をモットーに施設を運営しています。

このページの先頭へ